Q&A

子どもの放課後Q&A

回答者 代表村田 ちはるママ くまこ Sママ

Q 祖父母が同居、又は同じ学区にいると、学童保育は利用できないのでしょうか。

A 利用できます。

入所基準が見直され、2016年度より祖父母同居又は近居でも申請可能になりました。
ただし、定員より多く申し込みがあった場合は、『放課後児童会選考基準』にのっとって選考が行われます。

Q 夏休みだけの利用は可能でしょうか。

A 原則不可です。

学童保育は、夏休みだけの利用は原則できません。
ただし、弾力的に受け入れてくださっている児童会があったり、民間学童保育で行っていたりする場合があります。利用を希望される児童会、または学童保育へ直接お問合せください。

Q 学校行事の振替休日や台風などの休校の場合、学童保育は開設していますか?

A 学童保育によって、学校がない日の開設について決められています。

利用予定の学童保育へ直接お問い合わせください。

Q 相談窓口はどこですか。

A 各区役所社会福祉課、または教育委員会教育総務課へご連絡ください。

Q 学童保育の充実している隣の小学校区へ学区外入学を検討しています。ただ学区外を選択すると、地域との関係が薄れてしまうのではないかということが不安です。どう乗り越えましたか。

ちはるママ

我が家は長女の入学に際して、学区外の小学校を選択しました。理由は、同じ学区内に祖父母がおり公設学童の入所が難しい可能性があったこと、入学先の学区に民営の学童があったことです。
子どもの小学校入学で、一番困ったのが公設学童のお迎え時間です。我が家のエリアの公設学童は、どこも18時がデッドラインであるため、毎日必ず間に合わせようと思うと働き方を変える必要も出てしまいます。ちなみに、私のお迎え到着は18時~18時15分、仕事の状況によりそれよりも遅くなることもあります。
ほんのわずかな時間ですが、公設学童に通わせることで気持ちの余裕なく毎日お迎えに走るよりは、万が一のことがあっても延長が可能な民営学童の存在は願ってもないことでした。
もちろん「親の都合で子どもの小学校を選択して良いのか」という心配もしましたが、本人含め家族で決めたこと、実際に入学してみると学校でも学童でも新しい友達ができて楽しそうにしていることで安心しています。何より、放課後や長期休暇といった長い時間を過ごす学童の環境がとても安心できる(指導員さんも一緒に通う子どもたちも)ので、思い切って選択して良かったと思っています。

Q 保育園の先生には子どもだけでなく、私自身も子育ての悩みを聞いていただくなど大変お世話になっています。今後お世話になる学童保育の先生との信頼関係を築く秘訣を教えてください

くまこ

学童保育の先生は有償ボランティアで、仕事としている保育士さんとはまったく違います。この制度に問題はあると思いますが、実際子どもたちを預かるという大きな責任を負ってくださっています。学童保育の先生に対して、してもらうことを当たり前のように感じるのではなく、まず感謝することを大切にしています。

代表村田

いくつか取材に行き、支援員の先生とお話しする中で『保護者の声』を求める先生たちもいらっしゃいました。夕方お迎えの時間は忙しい時間帯ではありますが、お子さんの様子を聞いてみたり、家庭での様子を話したり、何気ない会話が信頼関係を築く一歩になるかなと思っています。

Q 宿題は毎日どうしていますか? 学童保育で宿題の時間はあるのでしょうか。

Sママ

4月当初は、本読みとプリントだったので、プリントは学童ですませてきて本読みは帰宅したらすぐ、ご飯の支度など家事をしながら対応していました。今は ①本読みプラス計算カード ②プリント又はかきとり というかんじでふえてきたので ①は帰宅してから行う ②は学童ですませてくるという感じです。 少し難しくなってくる時期なので、私は②も家庭でもう一度確認して違っているかなというところは問題提起して理解してから学校に持たせています。学童でやってくるという習慣がついているおかげで、宿題に関しては先にやる習慣がついてメリハリのある生活になっていると思います。 (放課後児童会によって、宿題をする・しないを含め、過ごし方は違うので利用予定の学童保育へご確認ください)

Q 先輩お母さんからのメッセージ

ちはるママ

初めての小学校の入学前、そして入学してから慣れるまでは、親である私も、本人である長女も不安がいっぱいでした。(通学のこと、学校生活のこと、学童のこと、勉強のことなど)でも振り返ってみると、新しい環境や生活リズムにもいつしか慣れて、その中でうまくできているなあということです。ぜひ子どもの生活とお仕事との中で、「我が家に合う選択肢」を家族で考えていただき、選んだあとは「大丈夫、大丈夫」という気持ちで新生活を迎えていただければと思います。がんばってください^^

くまこ

仕事と子育ての両方することがとても大変です。自分が大変な状況にあるのだということを知り、様々な人の話を聞いたり試行錯誤したりしながら、自分や子どもに合ったやり方を見つけていってほしいなと思います。

Sママ

園時代には、入りたい人が多いと聞いて本当に入所できるのか、そしてどんな場所なのか情報が少ないので正直本当に不安でしたが、今はお願いしてよかったなと心から思っています。 就学前に一度見学に行かせていただいて、どんな雰囲気なのか見せていただいたのですが、子供にはよかったかなと思いました。 初めは、きっと本人が一番不安だったのではないかと思います。そんな中、上の学年のお兄さんお姉さんがよく面倒をみてくれて楽しく過ごす姿をみて本当に安心しました。先生方も優しく声をかけてくださるので本当に助かっています。

新しい環境は不安もありますが、得ることも沢山あると思います。子どもさんが楽しく放課後過ごせますように…